痴漢事件の報道阻止なら弁護士に相談!東京都八王子市で逮捕されたら

2017-06-03

痴漢事件の報道阻止なら弁護士に相談!東京都八王子市で逮捕されたら

Aさんは、東京都八王子市内での通勤途中、痴漢をして、警視庁高尾警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
会社勤めをしているAさんについて、逮捕の事実を会社にも知られずに済む方法はないものかと考えたAさんの妻は、刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

~痴漢事件を秘密にしたい~

痴漢事件などで逮捕された場合、どのようなケースなら新聞やインターネットなどで報道されるか、あるいは報道されないかは、明確な基準があるわけではありません。
しかし、公務員や、有名な企業や大学に所属している人が痴漢事件などで逮捕されれば、世間の関心も高くなってしまうことから、報道されるおそれが高まります。

逮捕されたことが新聞やインターネットなどで報道されないようにするための方法として、弁護士から、捜査当局に意見書を提出するという方法があります。
意見書には法的な効果はありませんが、捜査当局のマスコミ担当者に、依頼者や依頼者ご家族の事情を伝えることができ、事実上の要請を行うことができます。

新聞やインターネットなどで実名報道がなされると、その記事を完全に抹消することはなかなか難しいです。
ご家族の生活やご本人の社会復帰を円滑にするためにも、実名報道の阻止は重要な弁護活動です。

実名報道は、一度されてしまってはその影響を回復することはほとんど不可能ですので、早期に弁護活動を開始する必要があります。
痴漢事件でお困りの方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士へご相談ください。
0120-631-881では、初回無料法律相談のご予約や、警視庁高尾警察署までの初回接見費用のご案内を24時間いつでも行っています。
痴漢事件で逮捕されてしまった、逮捕されてしまいそうだ、となったらすぐにお電話ください。

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.