痴漢事件と警察・検察での取調べ

1 取調べとは

痴漢・わいせつ事件の被疑者・被告人は、事件についての取調べを受けます。
捜査機関による取調べでは、事件の動機・内容・背景事情・生い立ちなど様々なことについて、話を聞かれます。

痴漢事件で被疑者等が取調べで話した内容は、供述調書に記載され、原則として証拠として使用されます。

そして、実際に話した内容と違うニュアンスで記載されたり、思いもよらず自分に不利な供述をさせられたりすることもあるため、注意が必要です。
  

2 痴漢・わいせつ事件の取調べ

痴漢・わいせつ事件の取調べでは、当該事件はもちろん、余罪についても調べられることがあります。

また、事件直後の取調べでは、事件の内容、事件前の行動など、事細かに事情聴取をされます。

そして、指紋を採取されたり、手のひらの微細な繊維などを採取されたりすることもあります。
そして、被害者や被害者の着衣から、わいせつ事件の犯人のものと思われる体液などが採取された場合には、DNA鑑定を行うために、被疑者の体液などを採取される場合もあります。
 
そして、手のひらから被害者の衣服の繊維がたくさん発見されたり、DNA鑑定の結果で被害者の衣服から採取した体液と被疑者のものとが同一であると判定されたりした場合、犯罪を裏付ける客観的な証拠として、裁判上の証拠として用いられる恐れがあります。
 
また、痴漢・わいせつ事件では、被疑者の動機・性的趣向を明らかにするため、家宅捜査が行われ、アダルトビデオや雑誌、パソコンなどを押収される場合もあります。
 

3 取調べを乗り切るために

痴漢・わいせつ事件での取調べを乗り切るためには、弁護士に相談してください。
痴漢・わいせつ事件を多く扱う弁護士は、警察での取調べ対応についても、事件に沿って適切なアドバイスを行うことができます。
 
また、痴漢・わいせつ事件で逮捕されてしまった場合、逮捕直後の取調べは特に注意をしてください。
その内容によって、長期の身柄拘束へ続くこともありますし、逮捕のみで釈放されることもありえます。
 
痴漢事件の場合には、基本的に逮捕段階での国選弁護人の選任はできません
そこで、旦那様、息子様などが、痴漢・わいせつ事件で逮捕されたという場合には、逮捕・留置されている警察署へ、刑事事件専門の弁護士が直接、弁護人接見(面会)に伺う『初回接見サービス』もご提供しております。
 
逮捕直後に、『初回接見』を行うことで、今置かれている状況や、今後の流れ、取調べの受け方などを、刑事事件専門の弁護士が直接アドバイスできます。
そして、連絡の取れないご家族への伝言、接見の報告までしっかりと対応致します。
 
  
弁護士法人 あいち刑事事件総合法律事務所 では、『初回接見サービス』『初回無料相談』など、逮捕されそうな方、逮捕直後の方の弁護活動にも力を入れております。
痴漢・わいせつ事件で逮捕の前後、特に逮捕直後の取調べでは、被疑者に不利な内容の取調べが行われることも多々あるからです。

ご家族、ご友人が逮捕されたら、時間との勝負です。
すぐに行動されることをお勧めします。
まずは、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所0120-631-881までお電話ください。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.