冤罪について弁護士に相談…福岡県北九州市の痴漢事件にも即対応

2017-06-07

冤罪について弁護士に相談…福岡県北九州市の痴漢事件にも即対応

Aさんは、福岡県北九州市内を走る満員電車に乗って通勤していましたが、手に持っていた荷物が、前に立っていたVさんの体に当たり、痴漢と勘違いされてしまいました。
Aさんは痴漢をしていないと否認したものの、疑いが晴れず、福岡県小倉北警察署に通報されることとなりました。
後日出頭するよう求められたAさんは、警察署に行ったらそのまま逮捕されてしまうのではないかと不安になり、出頭前に弁護士に相談してみることにしました。
(フィクションです。)

~痴漢事件での冤罪・逮捕~

痴漢事件では、その性質上、痴漢をしていないにもかかわらず、痴漢と勘違いされて通報されてしまうこともあります。
荷物が当たったのを痴漢だと勘違いされてしまうかもしれませんし、別の人が痴漢の犯人であるのに、犯人だと勘違いされてしまうかもしれません。
そのような場合、警察に通報されたら、逮捕されてしまうのでしょうか。

通常、逮捕を行うにはいくつかの要件が必要とされます。
たとえば、逃亡のおそれがあることや、証拠隠滅のおそれがあることが挙げられます。
冤罪であると主張する否認事件では、事件について認めていないことから、これらのおそれがあると判断され、逮捕される可能性があります。
しかし、逮捕を回避するために冤罪であるのに事件について認めてしまえば、今度は冤罪であることを証明する際に不利になってしまいます。

また、痴漢事件の場合、現行犯逮捕されてしまうおそれもあります。
現行犯逮捕は逮捕状が必要ありませんし、一般市民でも行うことができます。

このように、痴漢事件冤罪をかけられてしまった場合でも、逮捕されてしまう可能性はあります。
逮捕前であれば、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による、初回無料法律相談をご利用いただけます。
すでに逮捕されてしまったという方に対しては、初回接見サービスもございます。
専門家である弁護士に話を聞くことで、取るべき指針を決定する、大きな手助けになります。
痴漢事件の冤罪でお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
福岡県小倉北警察署までの初回接見費用については、0120-631-881までお問い合わせください。

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.