岐阜県羽島市の痴漢事件に対応 性犯罪事件の示談に評判の弁護士

2017-05-06

岐阜県羽島市の痴漢事件に対応 性犯罪事件の示談に評判の弁護士

岐阜県羽島市内を走る電車内で、会社員のAさんは、痴漢事件を起こしてしまいました。
Aさんは、岐阜県羽島警察署の警察官に、痴漢事件の被疑者として逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は、まさか身内が性犯罪事件を起こすとは思わず、急いで弁護士に相談しました。
(※この事例はフィクションです。)

・性犯罪事件の示談

痴漢事件などの性犯罪事件では、被害者の方が存在します。
性犯罪事件を起こしてしまったとなれば、被害者の方へ与えてしまった被害について弁償したり、被害者の方へ謝罪したり、示談交渉を行うことを考える方は多いでしょう。
しかし、痴漢事件などの性犯罪事件の謝罪・示談交渉は、とても複雑です。

まず、痴漢事件の場合であれば、痴漢をしてしまった被害者の方の連絡先が分からない、という場合が多いです。
連絡先を知らなければ、謝ることもできません。
しかし、警察などの捜査機関に問い合わせても、加害者に被害者の情報をやすやすと教えてくれることはありません。
被害者の方が怖がっている場合もありますし、痴漢の加害者と連絡なんて取りたくないと考えている場合もあります。
そんな状態で勝手に情報を教えることはできませんから、痴漢の加害者が警察などに問い合わせても、被害者情報が得られないことも多いです。

そして、もし連絡先を知ることができ、実際に謝罪や示談を行うとなっても、当事者同士では冷静な話し合いができず、もめてしまうこともあります。
言った言わないの言い合いになってしまったり、手続きに不備があって示談として成立しなかったりすることもあります。

このように、痴漢事件などの性犯罪事件で、被害者の方へ謝罪・示談を行うということは、とても大変なことなのです。
プロの弁護士に任せることで、これらの流れがスムーズになる可能性が高まります。
痴漢事件などの性犯罪事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
岐阜県羽島警察署までの初回接見費用:3万9,400円

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.