痴漢・わいせつ事件の無料相談の流れ

通勤途中の鶴舞線の車内で痴漢をして逮捕されてしまった

 

→痴漢をはじめとする刑事事件に関する内容なら初回相談はすべて無料です

さらに、痴漢事件で逮捕・勾留中の方など、相談をしたいが事務所へ行けないという事情がある場合には、刑事事件を専門に取り扱う弁護士による「出張相談サービス」も提供しております。

刑事事件においては、早期に適切な弁護活動を行うことが必要です。

特に逮捕など身柄拘束されている事件では、逮捕直後の取調べやそこでの供述がその後の捜査のカギを握ります。
そのため長期の身柄拘束を避けるためには、逮捕後の48時間が重要となります。
また身柄拘束された場合、身柄拘束が長くなるほど、罰金や懲役刑という刑罰とは別に、勤務先や学校に知られる危険が増し、懲戒処分を受けるリスク等も高まります。

逮捕を避けたい、身柄拘束からの早期解放(釈放)、を目指すなら、すぐに弁護士にご相談下さい。  

 

―相談までの流れ―

・市営地下鉄名古屋駅-伏見駅走行中の電車内で痴漢をして警察に逮捕された…
・レンタルビデオ店で痴漢をして逃走してしまった。逮捕されるか不安だ…

無料相談の流れ

すぐに、 弁護士法人 あいち刑事事件総合法律事務所(0120-631-881)までお電話ください。
土曜・日曜・祝日 24時間無料相談を受付けます。

無料相談の流れ

相談受付スタッフが、あなたの刑事事件について事情をお伺いします。
その後、あなたやご家族がご来所できる日時を調整のうえ、相談日時の予約を取ります。
お電話の際に話した内容や刑事事件の事情、個人情報等については、秘密を厳守し、外部に漏れることはありませんので、ご安心ください。

無料相談の流れ

予約日時に事務所へご来所ください。
刑事事件を専門に扱う弁護士が、あなたから直接お話を伺います
弁護士事務所の相談室は個室となっており、弁護士と1対1での相談が可能です。
相談の際の内容についても、秘密を厳守しますので、ご安心してご相談ください。

 

―充実した相談にするために―

お電話いただく際や、相談をする際には、限られた時間で、より充実した法律相談を行うため、ご相談者ご自身様でも、事前に事件を整理してきていただくことをおすすめします。

整理するポイントとして、「八何の原則」(7W1H)が参考になります。  

①いつ(when) 事件の日時 例:平成26年○月○日の朝
②どこで(where) 事件の場所 例:名鉄名古屋本線の金山駅で痴漢をした
→その後、熱田警察署へ連行された
③だれが(who) 事件の関係者 例:ご本人さまひとりで
④だれと(with whom) 事件の関係者 例:痴漢募集サイトで知り合った人と一緒に
⑤何を(what) 事件の相手方 例:被害者は女子高校生、女子大学生 等
⑥なぜ(why) 事件の動機 例:日常的に痴漢を繰り返していた、酔った勢いでつい… 等
⑦どんな方法で(how) 事件の行為態様 例:左手の手のひらで太ももを1分程触った 等
⑧何をしたか(what) 事件の行為と結果 例:スカートの上から臀部をなでた 等

 

以上のポイントを参考に、分かる範囲で事件の事情をメモしてからご連絡いただくと、よりスムーズにお話を進めていくことが可能となります。
また、詳しくわからない場合でも、相談受付スタッフが丁寧に事情をお聞きしますので、ご安心ください。

痴漢・わいせつ事件で不安なこと、わからないこと等、初回相談無料にてご相談ください。
弁護士法人 あいち刑事事件総合法律事務所(0120-631-881)へお電話ください。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.