東京都杉並区の痴漢事件で逮捕なら~取調べの相談には弁護士

2017-10-03

東京都杉並区の痴漢事件で逮捕なら~取調べの相談には弁護士

東京都杉並区在住の20代男性のAさんは、通勤途中の車内において痴漢行為をはたらき、被害女性の訴えによりその場で駅員に捕まり、警視庁杉並警察署の警察官に引き渡されてしまいました。
Aさんは、その日中に釈放されたものの、後日再度取調べを受けることとなりました。
警察での取調べに不安をかんじたAさんは、刑事事件専門の法律事務所に相談に行くことにしました。
(フィクションです。)

~取調べとは~

痴漢事件の被疑者・被告人は、事件についての取調べを受けます。
捜査機関による取調べでは、事件の動機・内容・背景事情・生い立ちなど様々なことについて、話を聞かれます。
また、当該事件以外にも、余罪についても調べられることがあります。
痴漢事件で被疑者等が取調べで話した内容は、供述調書に記載され、原則として証拠として使用されます。
この際、実際に話した内容と違うニュアンスで記載されたり、思いもよらず自分に不利な供述をさせられたりすることもあるため、取調べの対応には注意が必要です。

事件直後の取調べでは、事件の内容、事件前の行動など、事細かに事情聴取をされ、指紋を採取されたり、手のひらの微細な繊維などを採取されたりすることもあります。
そして、被害者や被害者の着衣から、わいせつ事件の犯人のものと思われる体液などが採取された場合には、DNA鑑定を行うために、被疑者の体液などを採取される場合もあります。  
痴漢事件の場合、被疑者の動機・性的趣向を明らかにするため、家宅捜査が行われ、アダルトビデオや雑誌、パソコンなどを押収される場合もあります。

痴漢事件での取調べにおいて、自分に不利な供述をさせれるのを防ぐためにも、ぜひ取調べ前に弁護士にご相談ください。
痴漢事件を多く扱う弁護士は、警察での取調べ対応についても、事件に沿って適切なアドバイスを行うことができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門に取り扱っている法律事務所です。
痴漢事件に関しても多く依頼を承っています。
痴漢事件でお困りの方、警察での取調べにご不安な方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
警視庁杉並警察署 初回接見費用 35,200円

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.