福岡市中央区 痴漢事件 不起訴獲得なら刑事事件に強い弁護士

2018-09-02

福岡市中央区 痴漢事件 不起訴獲得なら刑事事件に強い弁護士

福岡市中央区に住むAさんは,福岡県中央警察署から通勤途中の電車内で痴漢をしたという容疑をかけられています。
しかし,Aさんは不起訴を獲得したいと考えています。
Aさんは,痴漢事件刑事事件専門の弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 起訴猶予,嫌疑不十分 ~

起訴猶予も,嫌疑不十分不起訴理由の一つです。
起訴猶予は,犯人が罪を犯したことは明白ではあるが,犯人の性格,年齢及び境遇,犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により不起訴(公訴を提起しない)とする場合の理由とされます。
他方,嫌疑不十分とは,犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分不起訴とする場合の理由とされます。

不起訴起訴猶予)の獲得を目指す場合,まずは犯人に反省を深めてもらい,再犯防止に向けた具体的行動,対策を取っていただく必要があります。
それと併行して,被害者側との示談交渉,示談も大切です。
犯人の反省の程度,示談締結の事実,被害者の処罰感情の緩和といった事情が「犯罪後の情況」として考慮されうるからです。
不起訴嫌疑不十分)の獲得を目指す場合は,犯人が事実を否認しているのが通常です。
その場合は,まず,捜査官(警察官,検察官)に対する取調べの対応が大切になってきます。
しかし,相手は取調べのプロですから,どう対応すべきかは痴漢事件刑事事件弁護のプロである弁護士のアドアイスを受けた方が賢明です。
しかも,特に,事実を否認している場合,取調べが一回(一日)で終わるとうことまずないでしょう。
ですから,各取調べごとに綿密に弁護士と打合せを行い,取調べに対応する必要があります。
また,痴漢事件においては,被害者や目撃者の供述が「犯罪の成立を認定すべき証拠」として重要となってきます。
ですから,痴漢を否認する場合は,被害者や目撃者の供述の信用性を争う必要があります。
仮に,被害者や目撃者の供述の信用性がない,あるいは低いとされれば「犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分」であるとして不起訴嫌疑不十分)を獲得できるかもしれません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,痴漢事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。
痴漢事件,その他の刑事事件でお困りの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。
福岡県中央警察署 初回接見費用:35,000円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.