大阪市の通勤電車痴漢事件なら!贖罪寄付で不起訴を目指す弁護士

2017-09-29

大阪市の通勤電車痴漢事件なら!贖罪寄付で不起訴を目指す弁護士

Aは、大阪市北区内を通る通勤途中の電車内で女性の臀部を触り、痴漢による迷惑防止条例違反の疑いで、大阪府天満警察署の警察官に逮捕された。
Aは、なんとかして不起訴になりたいと考え、刑事事件に強い専門の法律事務所に無料相談することにした。
(フィクションです)

~痴漢で逮捕されると~

痴漢行為は、各都道府県が定める迷惑防止条例で禁止されています。
電車内での痴漢行為をして起訴された場合、過去の判例では、30万円前後の罰金刑になった事例が多いようです。

~不起訴を目指すために~

検察官が被疑者を起訴するか決めるとき、その犯罪の重大性や、被害の大きさ等を考慮します。
痴漢や傷害のような、被害者が存在する犯罪においては、被害者の被害感情や処罰感情も大きく考慮される傾向にあります。
そのため、被害者と示談をして、被害者が処罰を望まないのであれば、その事情が検察官に考慮され、不起訴になる可能性が高まります。
しかし、痴漢のような性犯罪の場合は、被害者の処罰感情が強く、示談に応じてもらえないケースも多くあります。

~贖罪寄付~

上記のような、被害者に示談に応じてもらえなかったような場合でも、不起訴になる可能性を高める手段はあります。
その一つが贖罪寄付というものです。
贖罪寄付は、犯罪をしてしまったことに対する反省の気持ちを表すために行う寄付です。
被害者が示談に応じてくれない場合のほか、被害者が分からない場合や、覚せい剤所持のように被害者の存在しない事件の場合に有効です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、依頼者が望む形で事件を終了させることができるように、様々な弁護活動を行っております。
痴漢事件で逮捕されてお困りの方は、刑事事件の専門家である弊所の弁護士へ、ぜひご相談ください。
(大阪府天満警察署(仮庁舎)までの初回接見費用 35,100円)

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.