【前科回避に強い弁護士】大阪府摂津市の痴漢事件で逮捕なら

2017-10-09

【前科回避に強い弁護士】大阪府摂津市の痴漢事件で逮捕なら

Aは、大阪府摂津市の電車内で痴漢行為をして、大阪府摂津警察署の警察官に逮捕された。
その後、勾留されずに釈放されたAは、前科がつくことで、就職や結婚などの今後の人生に障るのではないかと考え、刑事事件に強い弁護士に法律相談することにした。
(フィクションです)

~痴漢で逮捕されたらどうなるか~

Aの行ったような電車内での痴漢は、各都道府県の制定する迷惑防止条例で禁止されていることが多いです。
痴漢の罪で逮捕されて起訴された場合、30万円から60万円程度の罰金刑になることが多いようです。
懲役刑ではなく罰金刑判決となれば、罰金を納付することで事件は終結するため、その後もこれまで通りの生活を続けることができます。

また、痴漢事件の場合、逮捕後すぐに釈放されることもありますし、勾留されないこともあります。
逮捕後早めに釈放された場合、実生活への影響は小さなもので済む可能性があります。
一方で、事件によっては、勾留されて身柄拘束が続く場合もあります。
身柄拘束が続くと、会社や学校を長期に休むことになるため、会社や学校に事件が発覚し、何らかの処分を受けるリスクが高まります。

~前科がつくのを防ぐために~

上記のように、罰金刑となれば刑務所に入ることもありませんから、生活への影響は少なくて済みます。
しかし、罰金刑も刑罰の一つですので、前科がつくことになります。
前科があることが判明すれば、就職や結婚等へ影響する可能性も考えられます。
前科が付くことにより国家資格の取得条件を満たさなかったり、公務員を辞めさせられたり、というケースもありますから、極力前科を回避したい、と考えられる方が多いでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、早期釈放や、不起訴処分を得るために、準抗告や示談交渉など、弁護士による様々な弁護活動を行っております。
前科回避のための弁護活動にお悩みであれば、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
大阪府摂津警察署までの初回接見費用 3万6,900円

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.