Archive for the ‘未分類’ Category

【事例解説】女子高校生に対する痴漢で後日逮捕 

2024-05-11

女子高校生に対する痴漢で後日逮捕された事例について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

満員電車

事例

会社員のAさんは、通勤時の混雑した電車内で前に立っていた女子高校生のスカート内に手を入れて下着の上から臀部に触れたりふとももに直接触れたりしました。
被害者の女子高校生が恐怖のあまり声を上げることができなかったこともあり、その場では周りの乗客などに気付かれることなく、目的の駅で電車を降りたAさんは通常どおり会社に出勤しました。 
しかし、電車を降りた後に被害者の女子高校生が駅員に相談し、駅員の通報により駆け付けた警察にも相談し被害届を提出するに至りました。
被害者の女子高校生が覚えていた被疑者の人相や着衣、電車内の防犯カメラの映像をもとにした捜査の結果、Aさんが特定され、後日Aさんは不同意わいせつの疑いで逮捕されてしまいました。 
夫のAさんが逮捕された妻は、事件の詳細を知るために弁護士に依頼して初回接見に行ってもらうことにしました。
(5月8日ヤフーニュース掲載のRKBオンラインの記事を参考にしたフィクションです。)

痴漢事件での後日逮捕 

痴漢というと現行犯逮捕のイメージが強いかもしれませんが、後日逮捕に至る可能性も十分あり得る犯罪になります。
最近では、電車内に防犯カメラが設置されている車両が多くなってきています。 
電車内の防犯カメラに、被疑者の犯行の様子が写っており、被疑者の顔や着衣の特徴が被害者の目撃証言と一致するなど被疑者が特定できる場合は、後日逮捕される可能性が十分考えられます。 

痴漢で逮捕されると 

痴漢による不同意わいせつ罪で逮捕されると、警察官から被疑事実につき取調べを受けることになります。 
そして、さらに留置の必要があると判断されると身体を拘束された時から48時間以内に検察官に事件が送致されることになります。
そこで、検察官からも取調べを受けて、そこでもさらに引き続き留置の必要性があると判断されると被疑者を受け取った時から24時間以内に裁判所に勾留請求がされます。 
最終的に、裁判官が勾留を認めると10日間の勾留が決定され、留置場での身体拘束が続くことになります。
警察官や検察官での取調べで、精神的な負担や辛さから、やってもいないことまでやったと言わされてしまうと供述調書という形になり、後々の裁判で不利な証拠となってしまう可能性もあります。
このようなことは絶対に避けなければ行けませんので、逮捕されたできるだけ早いタイミングで、弁護士に接見に来てもらい取調べの対応についてアドバイスを受けることが重要です。
また、不起訴や処分の軽減を目指す上で重要になる被害者との示談身体拘束からの解放に向けた活動も同時並行で行っていくことで、社会生活上の負担を最小限にすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢事件をはじめ年間多数の刑事事件への対応をしてきた刑事事件を中心に扱う法律事務所です。
ぜひ、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
ご相談のご予約はフリーダイヤル(0120-631-881)までお電話ください。

【報道解説】電車内で女子高生の体を触った疑いで逮捕された事例

2024-03-23

電車内で15分間にわたり女子高生の体を触った疑いで逮捕された事例について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

痴漢される女性

【事例】

電車内で15分間にわたり女子高校生の身体を触るなどした疑いで、45歳の男が逮捕された。
男は朝の通学・通勤時間帯に、電車内で女子高校生(10代)の下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれていて、約15分間にわたって犯行に及んでいたといいます。
男は調べに対し、黙秘しているとのことです。

また男は、前にも別件で、別の女性を触ったとして現行犯逮捕されていて、警察は朝の混雑した電車を狙って同様の犯行を繰り返していたとみて、余罪を調べてます。
(参照事例https://news.yahoo.co.jp/articles/a11d7c2cf79ca78507228d140706b8c0f33ba76f)

 

【痴漢には何罪が成立するのか】

痴漢行為は、被害者の尊厳を侵害し、社会的な不安を引き起こすため、法的に厳しく取り締まられています。
この取締に関しては、行為態様によって3パターンの犯罪が成立する可能性があります。

1つ目は、迷惑行為防止条例です。
この条例は、公共の場での不適切な行為を防ぐ目的で各都道府県ごとに制定されています。痴漢行為もその対象となり、服の上から体に軽く触れた等の比較的軽微な痴漢行為は、この条例によって処罰されることが多いです。
この条例によって科される刑罰も都道府県ごとに異なり、例えば、「愛知県迷惑防止防止条例」に違反して痴漢行為をした場合、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となり(愛知県迷惑防止条例 第15条1項)、常習として繰り返し違反行為をした場合には、「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」となります(第15条2項)。
他方、「岐阜県迷惑防止条例」に違反して痴漢行為をした場合は、「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」(岐阜県迷惑防止条例 第13条1項1号)となり、「常習」として繰り返し違反行為をした場合には、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となります(第13条8項)。

2つ目は、刑法第176条(出典/e-GOV法令検索)に定められる不同意わいせつ罪です。
衣服やスカートの中に手を入れて直接体を触るなど、軽微とはいえないような痴漢の場合は、迷惑行為防止条例違反ではなく刑法に定められている「不同意わいせつ」で処罰される可能性があります。
刑法176条は刑罰として、「六月以上十年以下の拘禁刑(改正刑法施行までは「懲役刑)」が定められています。

3つ目は、刑法177条(出典/e-GOV法令検索)に定められている不同意性交等罪です。 
不同意性交等罪では、膣若しくは肛門に身体の一部を挿入する行為も処罰の対象となっています。
そのため、痴漢行為といえども膣若しくは肛門に指を挿入したような事案の場合には不同意性交等罪が成立する可能性があります。 
不同意性交等罪の法定刑は「5年以上の有期拘禁刑(改正刑法施行までは「懲役刑」)」となっいます。

行為態様によって成立する犯罪が変わり、法定刑も後に記載するにつれ重くなっていきます。
そのため、何罪の疑いで捜査が進められていくかは被疑者にとって重要になってきます。

【痴漢行為で逮捕されてしまったら】

痴漢行為で逮捕されてしまったらすぐに弁護士に接見に来てもらい、取調べの対応方法などのアドバイスをもらうことが重要です。
また弁護士が事件に関与することで、逮捕・勾留による長期間の身体拘束を回避するための手続きを講じ、早期の釈放を実現できる可能性が高まります。
加えて、今回の事例のような痴漢事件では、被害者方との示談を締結することが処分軽減の点で肝要になります。示談交渉を円滑に進め、不起訴もしくはより軽微な処分の獲得を目指すためにも、いち早く弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢事件をはじめ年間多数の刑事事件への対応をしてきた刑事事件を中心に扱う法律事務所です。

ぜひ、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

【事例解説】商業施設での痴漢行為 不同意わいせつの疑いで逮捕 

2024-03-09

商業施設での痴漢行為で不同意わいせつの疑いにより逮捕された事例について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

路上痴漢

事例 

A(30代・会社員)さんは、買い物のため商業施設にいたところ、親とはぐれてしまった小学生くらいの女児Vを見つけました。 
Aさんは女児Vに近づき一緒にお母さんを見つけようと言って、人が少ないところに連れ込み、体を触るなどのわいせつな行為をしました。
女児Vが泣き出したため、周りに気付かれると思ったAさんはあわててその場を後にしました
最終的に母親と合流できた女児Vさんは、母親にはぐれていたときにあった出来事を説明しました。
女児Vから知らない男に体を触られたと聞いた母親は警察に相談し被害届を提出しました。
警察の捜査で、商業施設の防犯カメラの映像からAさんが特定され、Aさんは不同意わいせつの疑いで逮捕されてしまいました。 

小学生女児に対するわいせつ行為

未成年に対するわいせつの場合、年齢により不同意わいせつ罪が成立する用件が異なるため注意が必要です。(刑法176条1項から3項/出典e-GOV法令検索)

16歳以上の者が被害者に当たる場合に、不同意わいせつ罪が成立するのは暴行・脅迫を含む8パターンの行為又は事由によって、同意しない意思を形成し、表明し若しくは全うすることが困難な状態にさせ又はその状態にあることに乗じて、性交、肛門性交、口腔性交又は膣若しくは肛門に身体の一部若しくは物を挿入する行為であってわいせつな行為をしたといえる場合です。 

被害者が13歳以上16歳未満の者であれば、わいせつをした者が5歳以上年長であれば同意の有無に関わりなく不同意わいせつ罪が成立します。 

被害者が13歳未満の者になると、同意の有無に関わりなくわいせつ行為があった場合には不同意わいせつ罪が成立することになります。

もっとも、被害者の同意があり、かつ年齢が13歳以上16歳未満の者である場合には、わいせつ行為をした者が5歳以上年長であったとしても被害者が16歳未満の者である認識が犯罪の成立に必要になります。 
この認識は、未必的な認識で足りるため「もしかしたら16歳未満かもしれない」という認識があった場合には故意が認められてしまいますが、確定的に16歳以上だと認識して同意の上でわいせつ行為を行っていた場合は故意が認められず、不同意わいせつは成立しません。

小学生女児へのわいせつ行為が発覚したら 

小学生女児へのわいせつ行為が発覚した場合、逮捕されてしまうことも十分に考えられます。 
もし、逮捕されてしまったらすぐに弁護士に接見に来てもらい、取調べの対応方法などのアドバイスをもらうことが重要です。 
16歳以上だと認識していた場合など、実際の年齢と認識が異なる場合は取調べへの対応が重要になりますので弁護士の必要性はより一層高まると考えられます。 
また、16歳未満という認識があり、わいせつ行為についても認めている場合は処分の軽減を図る上で未成年の被害者の親との示談が重要になります。

もし、小学生女児へのわいせつ行為が発覚した場合は、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢事件をはじめとする刑事事件・少年事件に強い法律事務所です。
痴漢の被害者の方と示談をしたいとお考えになっている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度ご相談ください。

【事例解説】痴漢事件において不同意性交の疑いで男が逮捕②

2023-09-15

痴漢事件で不同意性交の疑いで男が逮捕された事例を参考に、痴漢行為に不同意性交が成立する場合について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

事例

通勤のため満員電車に乗っていたAさんは、前に立っている女性のスカート内に手を入れ陰部に指を入れる痴漢行為をしてしまいました。被害を受けた女性が声を上げたことで、近くの乗客にAさんは取り押さえられました。
次の駅でAさんは電車から降ろされ、通報により駆けつけた警察官に不同意性交の疑いで逮捕されてしまいました。

不同意性交等罪が成立する場合について

不同意性交等罪の成立要件は、以下の①から⑧の行為又は事由によって、同意しない意思を形成し、表明し若しくは全うすることが困難な状態にさせ又はその状態にあることに乗じて性交、肛門性交、口腔性交又は膣若しくは肛門に身体の一部若しくは物を挿入する行為であってわいせつなものをすることです。
暴行若しくは脅迫を用いること又はそれらを受けたこと。
心身の障害を生じさせること又はそれがあること。
アルコール若しくは薬物を摂取させること又はそれらの影響があること
睡眠その他の意識が明瞭でない状態にさせること又はその状態にあること。
同意しない意思を形成し、表明し又は全うするいとまがないこと。
予想と異なる事態に直面させて恐怖させ、若しくは驚愕させること又はその事態に直面して恐怖し、若しくは驚愕していること。
虐待に起因する心理的反応を生じさせること又はそれがあること。
経済的又は社会的関係上の地位に基づく影響力によって受ける不利益を憂慮させること又はそれを憂慮していること。

痴漢行為に不同意性交等罪が成立する場合

性交だけでなく、膣若しくは肛門に身体の一部若しくは物を挿入する行為についても不同意性交等罪が成立する可能性のある行為になります。
痴漢という行為の態様として、被害者にとっては、いきなりわいせつな行為を受けるものであるため、同意しない意思を形成するいとまがなかった予想と異なる事態に直面して恐怖したなどとして上記事由のうち⑤や⑥に当たる可能性もあります。
前回の記事で解説したように、強制性交等罪で有罪判決になると、5年以上の有期懲役刑という重い刑が科される可能性があります。
もし、警察官や検察官から、あらぬ疑いをかけられ強制性交等罪で捜査が進行している場合は、法律の専門家である弁護士にアドバイスを受けることをオススメします。

痴漢事件に強い弁護士 
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、性犯罪を含む刑事事件を多数取り扱い、痴漢事件で不起訴処分を獲得した実績が多数あります。
痴漢行為による不同意性交等罪でご家族やご友人が事件を起こし逮捕された場合は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。

【事例解説】12歳の中学生による痴漢事件

2023-08-21

12歳の中学1年生が電車内で痴漢をした事件について弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

事例紹介

12歳の中学1年生のAさんは、通学途中の電車内で隣に同級生のVさんが立っていることに気が付きました。
Aさんは、以前からVさんに対して好意を持っていたことから混雑した車内の状況を利用して手の甲でVさんのお尻を制服の上から触りました。
AさんとVさんは、同じ電車を利用していたことから、AさんはVさんに対する痴漢行為を定期的に繰り返していました。
ある日、AさんがVさんに痴漢行為をしたところVさんに手を掴まれて「痴漢したよね」と言われて、次の停車駅で一緒に下車しました。
Vさんが駅のホームで駅員に事情を話したところ、駅員が警察に通報して現場に警察官が駆けつけました。
(この事例はフィクションです)

12歳の中学生が痴漢事件を起こした場合は逮捕される?

電車の中で服の上からお尻を手で触れるといった痴漢行為をした場合、そのような痴漢行為は各都道府県が定める迷惑行為防止条例違反になる可能性が高いです。
もし大阪府の電車内で、そのような痴漢行為をしてしまった場合は、大阪府迷惑行為防止条例6条2項1号に違反して、同条例17条1項2号によって、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科される可能性があります。

事例のAさんも、Vさんのお尻を服の上から手の甲で撫でるといった迷惑行為防止条例に違反する痴漢行為をしているのですが、刑法41条が「14歳に満たない者の行為は、罰しない。」と規定していますので、12歳のAさんは迷惑行為防止条例によって刑罰が科されることはありません。
Aさんのように14歳未満の少年が本来であれば刑罰の対象になる行為をした場合、そのような少年のことを触法少年と言います。
繰り返しになりますが、触法少年は刑法41条によって罪に問われることがありませんので、警察に逮捕されることはありません。

12歳の中学生のお子さんが痴漢事件を起こしてしまったら?

触法少年痴漢事件を起こすと逮捕されることはありませんが、痴漢事件を警察に通報された場合は、警察による調査の実施が「必要であるとき」は、触法調査と呼ばれる調査が開始される場合があります(少年法6条の2第1項)。
触法調査は、「少年の情操の保護に配慮しつつ、事案の真相を明らかにし、もって少年の健全な育成のための措置に資することを目的」として行われます(少年法6条の2第2項)。
そして、触法調査の結果、「家庭裁判所の審判に付することが適当である」と判断されると、痴漢事件が警察から児童相談所長に送致されることになります(少年法6条の6第1項2号)。
児童相談所でも調査が行われて、そこでも、「家庭裁判所の審判に付することが適当である」と認められると、痴漢事件が家庭裁判所へと送致されることになります(児童福祉法27条1項4号)。
事件の送致を受けた家庭裁判所で調査をし、触法少年の最終的な処遇を決定することになります。

このように触法少年の場合は、罪に問われることはなくても、以上のような流れで痴漢事件が処理されることもあり得ますので、12歳の中学生が痴漢事件を起こした場合は、まずは弁護士に相談して、今後についてご相談されることをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件を専門に取り扱う法律事務所です。
12歳の中学生のお子さんが痴漢事件を起こしお困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度ご相談ください。

【報道解説】電車内での痴漢行為 被害者女性が男を現行犯逮捕

2023-08-14

電車内での痴漢事件で、被害者の方が痴漢の容疑をかけられている方を現行犯逮捕したという報道について弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

報道紹介

JR神戸線の電車内で隣に座っている20歳の女性わいせつな行為をしたとして大阪府藤井寺市の無職のが2日、現行犯逮捕されました。
不同意わいせつの疑いで逮捕されたのは大阪府藤井寺市に住む無職の56歳の男です。
警察によりますと男は2日午後11時40分ごろ、JR三ノ宮駅からJR元町駅の間を走行中の電車内で、隣に座っていた20歳の女性のふともも触った疑いが持たれています。
被害に遭った女性がJR須磨駅で男に声を掛け、現行犯逮捕し、110番通報を受けて駆け付けた警察官に引き渡したということです。
調べに対し男は容疑を認めているということで、警察が調べを進めています。
(2023年8月3日サンテレビで配信された報道より引用)

電車内での痴漢行為が不同意わいせつ罪に当たる場合

報道の男性は、電車内で女性の太ももを触ったとして不同意わいせつ罪の疑いで逮捕されています。
刑法176条に規定されている不同意わいせつ罪というのは、2023年7月13日から新しく規定されている罪で、これまで強制わいせつ罪、準強制わいせつ罪と呼ばれていた犯罪が改正されたものになります。

刑法176条1項では、不同意わいせつ罪が成立する場合として、大きく次の3つの要件を満たす必要があります。

(1)下記①~⑧に掲げる行為又は、①~⑧に類する行為・事由があること
(2)(1)によって同意しない意思を形成し、表明し若しくは全うすることが困難な状態にさせるか、又はその状態にあることに乗じること
(3)わいせつな行為をしたこと

そして、(1)の要件である①から⑧に掲げる行為・事由は、具体的には次の8つです。
①暴行若しくは脅迫を用いること又はそれらを受けたこと。
②心身の障害を生じさせること又はそれがあること。
③アルコール若しくは薬物を摂取させること又はそれらの影響があること。
④睡眠その他の意識が明瞭でない状態にさせること又はその状態にあること。
⑤同意しない意思を形成し、表明し又は全うするいとまがないこと。
⑥予想と異なる事態に直面させて恐怖させ、若しくは驚愕させること又はその事態に直面して恐怖し、若しくは驚愕していること。
⑦虐待に起因する心理的反応を生じさせること又はそれがあること。
⑧経済的又は社会的関係上の地位に基づく影響力によって受ける不利益を憂慮させること又はそれを憂慮していること。

これらの(1)~(3)の要件を満たした場合には、不同意わいせつ罪として、6か月以上10年以下の拘禁刑が科される可能性があります。

なお、不同意わいせつ罪が規定されている刑法176条には、2項と3項も規定されています。
刑法176条2項では、「行為がわいせつなものではないとの誤信をさせ、若しくは行為をする者について人違いをさせ、又はそれらの誤信若しくは人違いをしていることに乗じてわいせつな行為をした」場合も、不同意わいせつ罪が成立するとしています。
刑法176条3項では、「16歳未満の者に対し、わいせつな行為をした」場合も不同意わいせつ罪が成立すると規定していますが、わいせつ行為の被害者の方の年齢が13歳以上16歳未満である場合には、わいせつ行為をした人と被害者の方との年齢差が5歳以上離れている場合のみ不同意わいせつ罪による処罰の対象になります。

現行犯逮捕は警察以外にもできる?

ところで、報道を読むと、今回の痴漢事件では、痴漢の被害者の方が痴漢の容疑がある男性を現行犯逮捕していますが、この部分を読んで、逮捕は警察しかできないのではないのかと思われる方がいらっしゃるかもしれません。
確かに、事前に逮捕状の発付を受けて行う通常逮捕の場合には、「検察官」、「検察事務官」、「司法警察職員」のみに逮捕する権限が認められています(刑事訴訟法199条1項参照)。
ただし、今回取り上げた報道では、通常逮捕ではなく現行犯逮捕がなされています。
現行犯逮捕の場合には、通常逮捕と異なって「何人でも」逮捕することができます(刑事訴訟法213条参照)。
「何人でも」現行犯逮捕できるということは、誰でも現行犯逮捕出来るということを意味していますので、例えば、警察ではない一般の人である被害者の方はもちろん、事件を目撃していた方でも、適法に現行犯人逮捕を行うことができます。

ご家族が電車内での痴漢行為を理由に逮捕されたら

突然、ご家族が痴漢の疑いで警察に逮捕されたということを知った場合は、いち早く弁護士に依頼して初回接見に行ってもらうことをお勧めします。
この初回接見によって、どのような嫌疑で逮捕されたのか、逮捕された方が罪を認めているのか、今後どのような手続きで事件が処理されるのかといったことについて知ることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は痴漢事件をはじめとする刑事事件・少年事件を専門に取り扱う法律事務所です。
ご家族が痴漢の疑いで突然警察に逮捕されてしまってお困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度ご相談ください。

【事例紹介】電車内の痴漢で不同意わいせつ罪が適用

2023-07-24

電車内での痴漢行為で不同意わいせつ罪の疑いにより男が逮捕された事件について弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

 

事例

電車内で女性に痴漢をしたとして、大阪府警は14日、大阪市建設局職員の男(23)を不同意わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「太ももは触っていないが、ふくらはぎは触った」と容疑を一部否認しているという。
府警によると、性犯罪の規定を見直した改正刑法の施行後、同容疑での逮捕は府内で初めて
枚方署によると、男は13日午後、大阪市から大阪府枚方市へ走る京阪電車で、2人用座席の隣に座った20代女性の太ももやふくらはぎをなでた疑いがある。男は他の乗客らに促されて次の停車駅で降り、駅員が110番通報したという。
不同意わいせつ罪は、13日施行の改正刑法で定められた。暴行・脅迫や恐怖・驚愕(きょうがく)、地位利用など8項目の要因で同意しない意思を示すのが困難な状態にさせ、わいせつな行為をした場合に成立するとされる。
府警は8項目のうち、「予想と異なる事態に起因する恐怖・驚愕(きょうがく)」によって被害者が不同意の意思を示せなかったと判断し、逮捕に踏み切ったという。不同意わいせつ罪の法定刑は6カ月以上10年以下の懲役。
大阪市は「誠に遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処する」とのコメントを出した。(甲斐江里子)
(7月14日に配信された朝日新聞デジタルの記事を引用しています。)

不同意わいせつ罪の成立要件

不同意わいせつ罪は刑法176条1項の場合は、次の①から⑧のいずれかを原因として、同意しない意思を形成し、表明し若しくは全うすることが困難な状態にさせ、あるいは相手方がそのような状態にあることに乗じて、わいせつな行為をすると成立します。
①暴行若しくは脅迫を用いること又はそれらを受けたこと。
②心身の障害を生じさせること又はそれがあること。
③アルコール若しくは薬物を摂取させること又はそれらの影響があること。
④睡眠その他の意識が明瞭でない状態にさせること又はその状態にあること。
⑤同意しない意思を形成し、表明し又は全うするいとまがないこと。
予想と異なる事態に直面させて恐怖させ、若しくは驚愕(がく)させること又はその事態に直面して恐怖し、若しくは驚愕していること
⑦虐待に起因する心理的反応を生じさせること又はそれがあること。
⑧経済的又は社会的関係上の地位に基づく影響力によって受ける不利益を憂慮させること又はそれを憂慮していること。

不同意わいせつ罪の適用について

痴漢行為の多くは、これまで各都道府県の迷惑防止条例で処罰されていました。
しかし、7月13日の改正刑法の施行により、強制わいせつ罪と準強制わいせつ罪が統合され不同意わいせつ罪になり、暴行・脅迫が必ずしも必要な要件ではなくなったため痴漢行為への不同意わいせつ罪の適用可能性が取り沙汰されていました。
本事件は、電車内での痴漢行為が⑥の「予想と異なる事態に直面させて恐怖させ、若しくは驚愕させる」ことによって同意しない意思を形成することが困難な状態にさせ、わいせつな行為をしたといえるとして逮捕されています。
このように、今後は痴漢行為について不同意わいせつ罪が適用される場面が増えてくることが予想されます。
大阪府の迷惑防止条例では、痴漢行為の法定刑は「6月以下の懲役又は50万円以下」と定められています。もっとも、不同意わいせつ罪の法定刑は「6月以上10年以下の懲役」となっており、不同意わいせつ罪と認められた場合、非常に重たい刑罰をかせられるおそれがあります。

痴漢事件に強い弁護士 
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、性犯罪を含む刑事事件を多数取り扱い、痴漢事件での示談成立による不起訴処分を獲得した実績が多数あります。
迷惑行為防止条例違反(痴漢)や不同意わいせつ罪で自身やご家族が事件を起こし不安を抱える方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。

 

 

【報道解説】電車内の痴漢で逮捕後に処分保留で釈放

2023-01-04

【報道解説】電車内の痴漢で逮捕後に処分保留で釈放

電車内で女性の体を触ったとして強制わいせつ逮捕された後に処分保留釈放された刑事事件例について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

【報道紹介】

「列車内で女性の体を触ったとして強制わいせつの疑いで逮捕されたJR西日本金沢支社の29歳男性職員について、金沢地検は処分保留とし釈放したと発表しました。
男性職員は11月2日の午前7時半ごろ、県内を走る普通列車の中でボックスシートに座っていた10代女性の隣に座り、体を触るわいせつな行為をしたとして強制わいせつの疑いで逮捕されていました。
金沢地検は28日付けで処分保留として釈放し、今後は在宅で捜査を続けるということです。」

(令和4年11月29日に石川テレビで配信された報道より引用)

【電車内の痴漢行為は何罪になるのか】

公共の乗り物である電車内で見知らぬ女性の体を触ることを「痴漢」と表現することがあるかと思います。
こうした電車内痴漢は、具体的にどういった行為をしたのかということで成立する犯罪が異なります。

被害者の女性の服の上からお尻や太ももといった箇所に手のひらや手の甲を押し付けるといった場合は、各都道府県が定める迷惑行為防止条例違反になる可能性が高いと考えられます。
迷惑行為防止条例の場合にどういった刑罰が科されるかは、各都道府県によって異なりますが、例えば東京都の場合は6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる可能性があります(東京都迷惑行為防止条例8条1項2号)。

これに対して痴漢迷惑行為防止条例違反ではなく刑法176条の強制わいせつ罪になる場合があります。

被害者の年齢が13歳以上のときに強制わいせつ罪が成立するためには、被害者に対して暴行又は脅迫を加えたうえで、わいせつな行為を行う必要があります。
わいせつな行為」にあたる典型的なものとしては、女性の性器や乳房を直接触ったり、相手の唇にキスをしたりといったものがあります。

また、相手の胸やお尻を服の上から触った場合でも、単に手の甲を押し付けたという方法ではなく鷲掴みにしたりといったかたちで、服の上から被害者の性的部位をもてあそんだと言える場合には、迷惑行為防止条例違反ではなく強制わいせつ罪が成立することになると考えられています。

強制わいせつ罪の法定刑は6か月以上10年以下の懲役刑となっています。
強制わいせつ罪の法定刑には罰金刑が定められていませんので、比較的刑が重い犯罪であると言うことが出来るでしょう。

【釈放されても事件は終わっていない】

電車内で女性の身体を触ったとして逮捕された後で釈放されたからといって事件がこれで終了したことにはなりません。
取り上げた報道の記事の中にもありますように、釈放された後でも事件の捜査は在宅のまま継続されることになります。
そのため、在宅で捜査が進められていた結果、検察官が起訴の決定をして最終的に前科がついてしまうということもあり得るところです。

電車内での痴漢について自分がやったと認める場合は、検察官が起訴の決定をする前に、弁護士を通じて被害者の方と示談を締結する事が重要です。
示談金の額や今後痴漢をした電車を利用しないと言った条件を提示しながら、痴漢の被害者の方に謝罪と反省の意思を示して示談を締結することができれば、不起訴になって前科が付くことを回避することができる場合があります。
そのため、まだ弁護士をつけていない場合は釈放後すぐに弁護士に相談されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件少年事件を専門に取り扱う法律事務所です。
電車内で女性の体を触って警察の捜査を受けている方、一度逮捕された後に釈放されて被害者の方と示談をお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度ご相談ください。

【事例解説】路上での痴漢で自首を検討

2022-12-24

【事例解説】路上での痴漢で自首を検討

路上痴漢をした後に自首を検討し始めた刑事事件例をもとに、自主によるリスクやその後の刑事手続について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

【事例紹介】

「Aさんはある日の夜、最寄り駅から自宅へと帰宅途中に、好みのタイプである大学生のVさんが目の前を歩いてることに気が付きました。
Vさんの体に触れてみたいと思ったAさんは、人気のない路上でVさんを追い越す際に、Vさんのお尻を着衣の上から手のひらでサッと触りました。
Vさんが悲鳴をあげたため、Aさんは急いでその場から立ち去りました。
その後しばらくの間はAさんは通常通りに生活していましたが、ある日突然警察に逮捕されるのか不安になったので、自首をしようかと考え始めました。」
(この事例はフィクションです)

【路上で痴漢するとどのような罪に問われる?】

痴漢」と聞くと混雑した電車内で女性のお尻をスカートの上から手で触るといった痴漢行為をイメージされる方がいらっしゃるかもしれません。
このような痴漢行為は、各都道府県が定める迷惑行為防止条例違反によって刑事罰が科されています。

たとえば、東京都迷惑行為防止条例第5条1項では、「何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。」と規定し、その1号において「公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。」と規定しています。
電車は公共の乗物に当たることになりますから、東京都で走行している電車内で女性のお尻をスカートの上から触れば、東京都迷惑行為防止条例第5条1項1号に違反する可能性が高いということになります。

そして、このように電車内で行えば迷惑行為防止条例反に当たる可能性が高い痴漢行為を電車内ではなく路上で行った場合、この場合も迷惑行為防止条例違反となる可能性が高いと言えます。
というのも、既に東京都迷惑行為防止条例第5条1項1号をお読みになった方は既にお気づきかもしれませんが、同号では「公共の乗物」に加えて「公共の場所」においても「衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること」を禁止しているからです。

路上は「公共の場所」に当たることになると考えられますから、路上において、追い抜く際に着衣の上からお尻を手で触るといった痴漢行為は、東京都の場合は東京都迷惑行為防止条例第5条1項1号に違反する可能性が高いと言えるでしょう。
このような痴漢行為によって東京都迷惑行為防止条例第5条1項1号に違反した場合、同条例第8条1項2号によって6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

ちなみに取り上げた事例とは異なって、路上でVさんを後ろから抱きしめて身動きが取れないようにしたうえで、Vさんの胸などを触ったという場合のAさんには迷惑行為防止条例違反ではなく、刑法176条の強制わいせつ罪が成立する可能性が高いです。
刑法176条の法定刑は、6か月以上10年以下の懲役となっており、罰金刑が定められていないことから比較的刑が重い犯罪であると言えます。

【路上での痴漢行為で自首を検討されている方は】

自首とは、犯人が警察などの捜査機関に自ら進んで自分が犯した犯罪について申告して、その処分を求めることをいいます。
刑法では42条1項に自首の規定があり、自首が成立するとその刑を減軽することができるとされています。
自首が成立するためには、「捜査機関に発覚する前に」自首を行う必要があります。

「捜査機関に発覚する前に」とは、捜査機関が犯罪が発生したことを全く知らなかった場合や、被害届の提出などにより犯罪が発生したことについては知ってはいるものの犯人が誰であるかが分かっていない場合のことをいいます。
そのため、現在逮捕されていない、あるいは警察から連絡が来ていないという場合であっても、たとえば、警察において既に犯人が誰であるかを特定していて逮捕を行うための準備中であったという場合に警察に出頭したとしても自首が成立する可能性は低いと考えられます。
このように自首が成立する可能性が低い事件の場合は警察に出頭することが無意味なのかといえば必ずしもそうとは言い切れません。
警察に出頭すれば逮捕を回避して在宅で捜査が進められる場合がありますし、出頭前に弁護士を付けておけば弁護士を通して警察に連絡して出頭の日時を調整することも出来る場合もあります。

そのため、路上での痴漢行為について自首を検討されている方は、まずは弁護士にご相談されることをお勧めします。
弁護士に相談することで、警察に出頭した場合のメリットや出頭した後の手続きの流れ、そもそも今回の痴漢事件自首が成立するのかといったことの説明を受けることができるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件を専門に取り扱う法律事務所です。
路上痴漢をして自首を検討されている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度ご相談ください。

【報道解説】防犯アプリで痴漢を現行犯逮捕

2022-09-27

【報道解説】防犯アプリで痴漢を現行犯逮捕

電車内痴漢の被害を受けている女性が、防犯アプリをきっかけに犯人が現行犯逮捕された刑事事件例について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

【報道紹介】

「通勤電車内で女性を取り囲んで痴漢をしたとして、警視庁池袋署は22日、自称埼玉県川口市、契約社員の男(34)を強制わいせつ容疑で、50歳代の無職男を東京都迷惑防止条例違反痴漢)容疑で逮捕したと発表した。
逮捕は15日。
発表によると、契約社員の男は15日午前9時頃、赤羽―池袋駅間を走行中のJR埼京線の電車内で、20歳代の女性の下半身を触った疑い。
無職男も女性の体に自身の下半身を押しつけた疑い。
いずれも容疑を認めている。
契約社員の男と無職男に面識はなかった。
女性は当時、2人を含む5人ほどの男に不自然に囲まれていて、防犯アプリで被害を訴えたという。
気づいた乗客が契約社員の男らを取り押さえて駅員に引き渡した。」

(令和4年9月23日に読売新聞オンラインで配信された報道より引用)

【防犯アプリとは?】

今回取りあげた報道の中で登場する「防犯アプリ」は、別の報道によると、警視庁が配信している防犯アプリの「Digi Police(デジポリス)」というアプリのようです。
このデジポリスの機能のひとつに「痴漢撃退機能」という機能があります。

具体的には、「痴漢撃退機能」を起動するとスマートフォンの画面に大きく「痴漢です 助けてください」という文字が大きく表示されて、画面をタップすると「助けてください」という音声がなって、周囲の人に痴漢被害にあっていることを知らせることができます。
また、痴漢の被害を受けている本人だけではなく、周囲の人が「ちかんされていませんか」という画面をスマートフォン上に大きく表示することも出来るようです。

取りあげた報道の女性も、こうした機能を使って周囲の人に痴漢されていることを知らせたことで犯人を現行犯逮捕することができたと考えられます。

【なぜ犯罪の名前が違うのか?】

ところで、今回逮捕された被疑者は2人いますが、契約社員の30代男性は強制わいせつ罪の疑いで、無職の50代男性は東京都迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されています。
同じタイミングで同じ女性に対して痴漢をした疑いがあるのに、どうして罪名が違っているのかと疑問に思われた方がいると思いますが、これはそれぞれの痴漢行為の具体的な態様が異なるためであると考えられます。

明確な基準が定められている訳ではありませんが、服の上から相手のお尻に触れたという場合は迷惑行為防止条例で、下着の中に手を入れて直接陰部を触ったり弄んだりする行為は強制わいせつ罪として立件される傾向にあるといえます。
報道では、30代の男性は女性の下半身を触った疑いがあり、50代の男性は性の体に自身の下半身を押しつけた疑いがあるとのことで、それ以上の具体的な行為の態様は明らかではありませんが、被害に遭った女性の証言などからそれぞれ強制わいせつ罪東京都迷惑行為防止条例5条1項1号違反に当たる行為をした疑いがあると警察が判断したと考えられます。

ちなみに、強制わいせつ罪の法定刑は6カ月以上10年以下の懲役で、東京都迷惑迷惑行為防止条例5条1項1号に違反した場合の法定刑は6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金となっていて(同条例8条1項2号)、強制わいせつ罪の法定刑の方が重く処罰されることになります。

【他の人は罪に問われないのか?】

報道では、被害者の女性は5人ほどの男性に不自然に囲まれて痴漢の被害に遭ったそうです。
このうち2人の男性は今回逮捕された30代男性と50代男性ですが、女性を囲んでいた他の男性も痴漢行為をしたのであれば当然罪に問われますし、仮に痴漢行為をしていなくても、女性の逃げ道をふさぐ等の方法で、他の人が痴漢行為を行いやすくしたのであれば、強制わいせつ罪東京都迷惑行為防止条例違反幇助犯(刑法62条1項)として処罰される可能性があります。

また、さらに進んで幇助犯としてではなくて刑法60条が定める共同正犯として処罰される場合もあります。
共同正犯は自分が痴漢行為をしていなくても痴漢行為をしたものとして、痴漢行為をした人と同じ罪が成立する場合を言い、刑法63条1項で刑の減軽が定められている幇助犯と異なって、法律上減刑が定められていません。

そのため、今後の捜査状況によっては、残りの男性についても警察の捜査が及んで罪に問われる可能性があると考えられます。

【痴漢行為を認める場合の弁護活動】

混雑した電車内での痴漢事件の場合、痴漢行為を実際にしたかどうか、仮に被害者の身体に触れたとしても故意ではなかったということが裁判で争われるケースが珍しくないですが、捜査段階において、そのような事実関係について争わずに痴漢行為を認めるのであれば、被害者の方と示談を締結することが非常に重要になります。

被害者の方と示談を早期に締結することができれば、検察官による起訴を回避して、前科が付くことを避けることも可能になるでしょう。
このような示談交渉は、示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件を専門に取り扱う法律事務所で、痴漢事件での示談交渉の経験が豊富な弁護士が在籍しております。
痴漢事件で被害者の方との示談をお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度ご相談ください。

« Older Entries
Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.