逮捕回避活動なら弁護士へ!愛知県名古屋市の痴漢事件に対応

2017-05-30

逮捕回避活動なら弁護士へ!愛知県名古屋市の痴漢事件に対応

Aさんは、愛知県名古屋市内を走っている電車での通勤途中、突然「この人痴漢です」と言われて、駅員のところまで連れていかれてしまいました。
後日、愛知県東警察署で取調べを受けることになったAさんですが、全く身に覚えがありません。
このままでは、無実の罪で逮捕されてしまうのではないかと思ったAさんは、名古屋市の刑事事件専門の法律事務所に相談することにしました。
(この話はフィクションです。)

~逮捕などの身体拘束回避には~

電車内での痴漢は、その性質上、捜査の初期段階では、被害者の証言だけで逮捕勾留されてしまうこともあります。
逮捕は最大3日間、勾留は最大20日間で、合わせて最大23日間の身体拘束を受けるおそれがあるのです。

これだけ長期間の身体拘束を受けるとなると、家族や学校、勤務先等に逮捕・勾留といった身体拘束を受けたことが発覚することを避けるのは困難です。
特に公務員や有名企業の社員の方の場合、逮捕されただけで大きく報道されてしまうこともあります。
そうなれば、たとえ冤罪であったとしても、痴漢事件の容疑者として扱われた、ということで、不利益を被る可能性があります。
したがって、できる限り、逮捕勾留といった身体拘束は避けることが望ましいでしょう。

逮捕勾留には、その必要性や理由、相当性が必要とされています。
逆に言えば、それらの要件が伴っていなければ、逮捕や勾留はできないということになります。
弁護士に相談し、活動してもらうことによって、少しでも逮捕・勾留といった身体拘束のリスクを減らすことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、痴漢事件での逮捕・勾留回避活動や、身柄解放活動をはじめ、報道等への対策等も行っています。
痴漢事件についてお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
0120-631-881では、いつでも初回無料法律相談のご予約を受け付けています。
愛知県東警察署までの初回接見費用:3万5,700円

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.